画像でわかる!Googleアドセンスの申請方法

Google Google

Googleアドセンスとは

Googleが無料で提供している広告配信サービスのことです。

クリックされるだけで広告収入が発生するという手軽さからブロガーを中心に人気のあるGoogleアドセンス。

訪問者のタイプに合わせた広告が自動で配信される仕組みになので、こまめなメンテナンスが不要という点も人気の理由です。

1クリック数円〜数十円という単価ですが、アクセス数を集めてクリック数があがれば収入もあがるというなんともわかりやすい仕組みです。

まさにチリも積もればなんとやら。

Googleアドセンスは審査やルールがきびしい?

Googleアドセンスには

  • 不適切なコンテンツを掲載しない
  • 誤クリックを誘うような位置に貼り付けない
  • 不正クリックをしない

などたくさんの禁止ルールがあります。

もちろん自分でクリックしたり、頼んでクリックしてもらうような行為、クリック誘導も×。

Googleアドセンスのルールに違反してしまうと、広告配信の停止アカウントの停止などで、今後アドセンス広告を使えなくなる可能性もありますので注意しましょう。

AdSense ヘルプ(公式)

Googleアドセンスの申請手順

まずはGoogleアカウントを取得しましょう。

すでに登録済みの場合はログインが必要です。

Googleアドセンスの申請

まずはGoogleアドセンスのページを開きお申し込みはこちらをクリック

Googleアドセンス1

審査に出したいサイトのURLとサイトのメールアドレスを入力します
メルマガ情報の選択はお好きな方を選んでください

Googleアドセンス2

国を選択したら利用規約を読みチェックをいれます
情報を送信するとメールが届くので確認しましょう

Googleアドセンス3

メールを確認したらGoogleアドセンスのサイトへ戻り住所を入力します

Googleアドセンス4

電話番号を入力します
ハイフンは省略でOKです

電話番号の国際表記

日本の電話番号を国際表記する場合は番号の頭に+81をつけ、最初の数字を省きます。
例:080-0000-0000→+8180-0000-0000

Googleアドセンス5

SMSもしくは電話で発行された確認コードを入力

Googleアドセンス6

審査に出すサイトの<head>タグの中に表示されたAdSenseコードを貼りつけます

貼りつけたらサイトにコードを貼り付けましたにチェックをいれて完了します

Googleアドセンス7

少し時間をおくとこのような画面が表示されます

これで審査するサイトの提出は完了です!

審査コードの貼り付け Cocoonの場合

ちなみに当サイトでも使用しているWPテーマ「Cocoon」では、Googleアドセンスの審査コードを貼り付ける場所があらかじめ用意されています。

アドセンス

Cocoon設定>アクセス解析・認証 タブを選択すると

アドセンス

下の方にヘッド用コードという項目があるので、そちらに審査コードを貼り付けます。

貼りつけたら通常と同じように、サイトにコードを貼り付けましたにチェックをいれて審査準備は完了です。

審査に落ちてしまった場合

審査に通過するとGoogleアドセンスから登録をしたメールアドレスにおめでとうメールが届きます。

しかしなかなか審査に通らない〜という方も多いと思います。

審査に通らないという方は下記のポイントを参考に自分のサイトをチェックしてみてください。

審査に通りやすくするポイント
  • ユーザーが欲している内容を増やす
  • 記事数を増やす(審査時の目安としては20ページほど)
  • サイトにプライバシーポリシーやサイトマップを設置する
  • サイトに運営者情報、お問合せ先をのせる
  • ユーザーにわかりやすいデザインにする
  • 既存の広告がある場合は外しておく

私は何もわからず初めてのブログを審査に提出した際、なかなか審査に通らず不合格通知がくるたびに再提出を何回もしていました。

ろくにサイトの改善もせず再提出していたので、Googleさんから「次の審査は2週間おあずけ!」とお怒り?メールが来たことがあります。

当たり前ですが、ガムシャラに提出しまくっても意味がありませんので過去の私の二の舞にならないようにご注意ください。笑

通らなかった際は冷静に自分のサイトを見直してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました