【RaspberryPiで遊ぼう】LED表示板に文字等を表示させてみた

raspberrypi IoT

せっかくRaspberryPiを購入しましたので、今回はLED表示板を使ってみたいと思います。
今回購入したのは、16X64 ドットマトリクスLED 赤緑で、ソリノベ研究所様から購入しました。

商品と一緒に手順書まで同封されており、初心者でも簡単にLEDに文字を表示できます。
(手順書も著作権があると思いますのでここには記載できませんが。。。)

今回の作業工程とポイントを紹介したいと思います。

LED表示板を取り付ける

届いた商品を説明書通りに取り付けていきます。
まだRaspberryPiとLED表示板はコンセントに接続してはいけません。

届いたLED表示板

線とピンの配置を確認しながらソケットを接続していきます。

RaspberryPi側配線
表示板側配線

ここで、少し工作する必要があります。

セットになっていたU字の部分がソケット側(写真左側)に収まりきらなかったので、黒いテープ(?)が巻いてある根本あたりから線を切ります。(U字の金具は捨てました。)

そして銅線をむき出しにしてソケット(写真左側)に突っ込んでネジ止め。

配線(加工前)
配線(加工後接続)

+と-は気を付けましょう!!
ショートや漏電にも注意!!
できる限り大人にやってもらいましょう。

これで配線は完了です。

必要なプログラムをインストール

同封されていた手順書通りにプログラムを淡々とインストールしていきます。

ここでのポイントとしては、SPI無効化とSSH有効化です。

SPI無効化は、今回のLED表示板を使用する際に、SPI通信用としてよく使うGPIO端子も使用するからとのこと。
SSH有効化は、言わずもがな、私はWindowsで作業していますので、WindowsとRaspberryPiを通信させる必要があるからです。

また、サンプルプログラムとドライバーは下記から取得。
他にも日本語フォントやらなにやらインストール。
(上記はすべて手順書に書いてありますので安心。)

GitHub - hzeller/rpi-rgb-led-matrix: Controlling up to three chains of 64x64, 32x32, 16x32 or similar RGB LED displays using Raspberry Pi GPIO
Controlling up to three chains of 64x64, 32x32, 16x32 or similar RGB LED displays using Raspberry Pi GPIO - GitHub - hzeller/rpi-rgb-led-matrix: Controlling up

LED表示板に文字等を表示させる

サンプルプログラムを使用して、図形表示させたいと思います。
コマンドは、sudo ./demo -D0

図形表示(失敗)

うー、、ん?表示できたけど何かおかしい。。。

実は、RaspberryPi4は性能が良すぎるらしいので、通信速度を調節してあげなくてはいけないらしいです。

なので、オプションをつけて再度実行。
コマンドは、sudo ./demo -D0 –led-slowdown-gpio=4

図形表示(成功)

今度はきれいに表示できました。

文字も表示してみます。

すきま堂ブログ更新中。

配線(GPIO)の競合に気を付ける

今回のLED表示板を使用するにあたり、実は最初はなんどやってもRaspberryPiがリブートしてしまいました。

数秒表示できたと思ったらリブート。。。
原因を探るべくGoogle先生を頼りますが、どこにも原因が書いていない。。。
(挙句の果てには電力不足か?などど考える始末。)


しかし、ソリノべ研究所様に助けを求めた結果、原因は、今回購入したLED表示板と最初に取り付けたArgon ONE Raspberry Pi 4 Caseの信号競合でした。

今回のLED表示板とArgon ONE Raspberry Pi 4 Caseの電源ボタンが見事に線がかぶっていて、LED表示板を使用すると、RaspberryPiはリブート信号がきたと思いリブートするのでした。

対策としては、LED表示板側の設定と配線を修正することで解決しました。
その際に、私は力ずくで線を抜いてしまい大変なことになったので、下記写真のように爪を浮かせて、線を抜きましょう

爪を浮かせる