画像でわかる!Googleアドセンス広告の作成

Google Google

Googleアドセンスの審査に通ったみなさまおめでとうございます!

広告の設定や使い方についての備忘録。

審査の方法などはこちらの記事からどうぞ

広告コードの取得・配置

無事審査に通ったら、Googleアドセンスのページから広告の取得と配置をします。

広告>サマリー>広告ユニットごとをクリックして取得する広告の種類が選べます。

アドセンス広告ユニット

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は一番見る形だと思います。

サンプルのように表示する場所を選ばないどこにでも表示しやすい広告です。

アドセンスディスプレイ広告
  • 広告の名前を決める(サイト名など管理しやすい名前が○)
  • 広告のサイズをレスポンシブor固定で決める
  • レスポンシブの場合の形状を選択

上記のたった3ステップで広告を作成することができます。

特にこだわりがなければ、サイズはレスポンシブで。

ディスプレイ広告

作成をクリックすると広告コードが生成されるので、サイトの<body>タグ内(広告を表示したい箇所)へ貼り付けて広告の設置が完了です。

インフィード広告

インフィード広告はサイトのデザインに合わせてカスタムできる広告です。

インフィード広告

URLを入力してサイトのデザインをスキャンする方法と、手動でカスタムする方法があります。

サイトをスキャンする

インフィード広告スキャン

URLを入力すると上記のように広告作成ができそうな要素がオレンジ色で選択されます。

インフィード広告スキャン

要素を選択すると広告が自動生成されます。

右のタブからさらに好みのデザインにカスタムできます。

作成後はディスプレイ広告と同様に、広告コードをサイト<body>内に貼り付けて完了です。

手動カスタム

インフィード広告手動

手動カスタムの場合は、まずサイトにあったテンプレート選びます。

カスタム方法は先ほどのスキャンの制作と同様です。

記事内広告

サイトの記事内に掲載するのに最適な広告をカスタムできます。

記事内広告

インフィード広告のカスタムよりもシンプルなカスタマイズができます。

レスポンシブ時の見え方も確認できるのはわかりやすくていいですね。

Googleアドセンスで広告クリック数を稼ぐコツ

とにかく大量にアドセンス広告を貼り付ければ広告収入が増えるのか?というと答えはNOです。

実際に自分が検索して読もうと思ったサイトで、いちいち広告が配置されていたらウンザリしますよね。

より多くの記事を読んでもらうためにも、少ない広告数の中でいかに効率的に配置していくかがアドセンス広告で稼ぐためのコツになります。

広告配置の例

広告配置図



記事の文字数にもよりますが、私はこの配置が一番シンプルかつ読む側も嫌な感じはしないかなと思っています。

色々な配置を研究するのも楽しそうですね。

このサイトは読みやすいな、と感じたサイトをお手本にするといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました